このエントリーをはてなブックマークに追加

黒にんにくが癌に効く!抑えて・消して・予防する!!

 

黒にんにくが癌に効くってどういうこと?本当に効果あるの?

 

黒にんにくが癌に効くと聞いたことはあっても具体的にどんな成分がどのように作用するかはあまり語られませんし、実際のところ本当に効果があるのかもわかりませんよね。

 

最初は私も疑っていました。

 

ですが、色々知らべていくうちに、その疑いは晴れていき、いつしか「これさえ食べていれば大丈夫!」と思うほどになりました。

 

私は、こちらで紹介する3つの事例を知ることで「黒にんにくは癌に効く」と納得できました。そういった情報が少しでも多くの人に届いてくれたらなという思いでこの記事を書いています。

 

どうかお時間に余裕がある方は一通り目を通していただければ幸いです。

 

CAUTION
こちらに掲載する情報は、当サイトの管理人が書籍やアメリカガン国立がん研究所国立がん研究センターがん対策情報センターの情報を個人的な見解でまとめたものとなっております。医学的、医療的に黒にんにくのがん効果について100%保証するものではありません。当サイトの情報により起こりうる全ての事象について一切の責任は負いかねますのでご了承願います。

 

 

 

黒にんにくが癌の増殖を抑えた

黒にんにくは癌細胞の増殖を抑えることができます。

 

遺伝子の異常によりどんどん増殖していく癌細胞はあっという間に体中を蝕んでいきます。抗がん剤は、癌細胞の増殖を抑え、消滅させることを目的に投与されます。ですが、ご存知の通り強力な副作用が問題視されています。

 

その増殖を黒にんにくの自然の力で抑えることができれば凄いと思いませんか?実は、黒にんにくにはそれが可能なんです。

 

黒にんにくに含まれるジアリルトリスルフィドという成分が特にその効果を持っています。

 

黒にんにくが癌に効果があるということを証明させる実験のひとつに、マウスにがん細胞を投与し、その後で黒にんにくエキスを接種させ、癌細胞の増殖度合を調査する実験があります。

 

マウス実験1 大腸がんの肥大度調査


大腸がんの細胞をマウスに投与し、その後、黒にんにくエキスを摂取させたマウスと何もしなかったマウスの癌細胞の肥大具合を調査

 

大腸がんの細胞をマウスに投与

癌細胞の投与後7日目に6mgの黒にんにくエキスを注射

以降3日おきに黒にんにくエキスを注射(合計28日間の実験)

 

 

 

この実験の結果として、大腸がん細胞投与後に黒にんにくエキスを注射したマウスと何も注射せずそのままにしたマウスを比較したところ、そのままにしたマウスでは、癌細胞の体積が1,800mm3に増大したのに対し、黒にんにくエキスを注射したマウスでは500mm3以下に留まりました。

 

黒にんにくエキスが大腸がん細胞の増殖を抑えたということになります。

 

黒にんにくで腫瘍が消えた!?

佐々木甚一さん

 

元弘前大学医学部 佐々木甚一教授は、マウス実験のなかで黒にんにくがマウスの腫瘍を消したと報告しています。

 

マウス実験2 黒にんにくの抗がん調査


腫瘍を持ったマウス10匹に対して黒にんにくを与え、抗がん作用を調査

 

腫瘍を持ったマウス10匹に黒にんにくを与える

10匹中5匹の腫瘍が消えた

残りの5匹の腫瘍も小さくなった

 

 

 

佐々木教授は、腫瘍を持っているマウス10匹に対して黒にんにくを与え、その後経過を観察したところ10匹中5匹の腫瘍が治りました。治らなかったマウスの腫瘍も半分ほどに小さくなったとし、黒にんにくには強い抗がん作用があると公表しています。

 

抗がん作用について、効いたのは黒にんにくの成分でS-アリルシステインだと言われており、S-アリルシステインが直接癌を攻撃するのではなく、S-アリルシステインによってナチュラルキラー細胞の活性化により、免疫が高まり、癌と戦ってくれるのだと説明しています。

 

S-アリルシステインは、水溶性のアミノ酸でガン細胞やウイルス細胞と戦うNK細胞(ナチュラルキラー細胞)の活性を強める効果があります。ガンに有効的な成分のS-アリルシステインが直接癌を抑制するのではなく、NK細胞を活性化させることで免疫力を高め、その結果活性された細胞が癌細胞を排除してくれるのです。直接癌細胞を殺すということは、正常な細胞まで影響を及ぼしてしまう(副作用がある)可能性がありますが、黒にんにくにはその心配がありません。引用元:著書がんに負けない体を作る1日1粒手作り熟成黒にんにく

 

アメリカで行われた大規模な国家的研究でがんの予防効果が認められた

アメリカの国際的な機関であるアメリカ国立がん研究所により、ニンニクのがん予防効果が認められました。

 

アメリカ政府により1990年代から進められているプロジェクトで、アメリカ国立がん研究所が中心となり、中国の北京がん研究所なども共同で参画している「デザイナーフーズ計画

 

がんの予防効果のある食品を探し、さらに有効的な食材を作り出そうとするプロジェクトです。

 

その結果、40種類以上の食品にがん予防の効果が認められ、それらの食品をがんの予防効果の高いものから順にピラミッド型の図を描きました。

 

その中でもニンニクが第一群に入り、ニンニクの強いがん予防効果が認められました。

 

実際に行われたアイオワ州の研究では、ニンニクの消費と大腸がんの発症リスクに強い関連性があり、ニンニクの消費量が高い人はがんの発症リスクが50%程度低かったとされています。

 

(The Iowa Women’s Study is a large prospective study investigating whether diet, distribution of body fat, and other risk factors are related to cancer incidence in older women. Findings from the study showed a strong association between garlic consumption and colon cancer risk. Women who consumed the highest amounts of garlic had a 50 percent lower risk of cancer of the distal colon compared with women who had the lowest level of garlic consumption.)
アイオワ州で実施された高齢女性のがん発生率に関した研究で、ニンニク消費と大腸がんリスクとの間に強い関連性を示した。最も多量のニンニクを摂取した女性は、ニンニク消費量が最も低い女性と比較して大腸がんのリスクが50%低かった。
引用元:アメリカ国立癌研究所 National Cancer Institute

 

デザイナーフーズ計画ではニンニクのがん予防効果について言及していますが、ニンニクを発酵させた黒にんにくにも同等かまたはそれ以上の効果があるとみていいでしょう。

 

以上3つの理由から黒にんにくには、

  • がんの増殖を抑える
  • がんを消す
  • がんを予防する

効果があると判断してよさそうです。

 

では、がんに効くと言われる黒にんにくですが、いつ、どんな時に、どのように食べれば効果的にがんを予防できるのでしょうか。

 

続いて、黒にんにくの効果的な食べ方について詳しくご紹介します。なお、黒にんにくのその他の効果や、私が実際に体感した効果については、黒にんにくの具体的な効果を紹介するページで詳しくご紹介しますので興味のある方はぜひご覧になってみてください。

 

黒にんにくを食べてはいけない人や副作用についてなどの注意事項も紹介しています。

 

 

 

黒にんにくの効果的な食べ方

実は、黒にんにくはそのまま食べるのがベストです。切ったり、焼いたりなど黒にんにくを調理してしまうと、せっかくの栄養素が壊れてしまう可能性もあります。

 

味やにおいが気にならないようであれば、極力そのまま食べることをおすすめします。

 

朝食前か夜寝る前に、1日1粒〜3粒程度を皮を剥いてそのまま食べると効果的です。

 

私自身も、1日1粒を毎朝続けて食べています。食べ始めの頃から考えると随分活動的になりましたし、風邪など引かず健康な毎日を送れています。

 

毎日続けて食べると効果的です

1粒食べてその日に元気もりもりがん予防!とはいきません。数か月食べ続けてじわじわ効いてくる感じです。毎日少しずつでいいので続けることが効果的です。

 

ただ私の場合は、食べ始めの頃、独特の味や臭いが気になってしまい思うように食べられませんでした。栄養ドリンクや滋養強壮剤に戻る気はなかったので、鼻をつまんで食べたり、調理してみたりとなんとか食べられるように色々努力しました。

 

それでもなかなか馴染めず悩んでいたところ、たまたま友人の紹介で食べた黒にんにくがすごく美味しくて、臭いもなく、とても食べやすくてビックリしました。

 

結論から先に言うと、続けるには黒にんにくの商品選びがとっても大切です。

 

その日から色んな商品を試すようになって気づきましたが、黒にんにくは商品によって味や臭い、食感などが全く違います。

 

選ぶ商品によって満足度がかなり変わると思いますので、どうせ食べるなら質の良いものを選ぶといいでしょう。

 

黒にんにくの続けやすい商品選び

松尾農園の熟成黒にんにくです

 

先ほども言いましたが、黒にんにくは商品によって味や臭い、食感までも違います。安物買いの銭失いとならないよう、商品選びはしっかりするべきです。

 

私が続けているのは、松尾農園さんが生産する黒にんにくですが、九州のブランドにんにくを使用していて、ほかの商品より甘みが強く、臭いも全くしないのでとても食べやすいです。

 

松尾農園さんの詳細はこちらです>>

 

こちらの商品に行きつくまでにどういった目線で商品を選んできたかというと、

 

  • にんにくの素材
  • 熟成に添加物を使用していない
  • 品質管理がしっかりしている

以上3つの観点から商品を選んできました。

 

味や食感については、にんにくの素材が大きく関わってくると思います。私が好きなのは「九州の八女八片」か「青森の福地ホワイト」です。どちらも甘味が強く、もちもちとして食べやすいです。

 

臭いについては、添加物や品質管理といった部分が関わってくると思います。味をごまかしたり、古いにんにくや外国産のにんにくを使用しているような商品は添加物で調整するため臭いがきついです。

 

ここで紹介したのは一例にすぎませんが、なにも基準を決めないで値段だけで商品を選んでしまうよりかは、確実に良い商品とめぐり逢うことができるかと思います。

 

商品選びについては、当サイトのトップページでも詳しくご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

どうしても味や臭いが気になる方はにんいく卵黄やサプリなどを試してみるといいかも

黒にんにくの効果を分かっていてもどうしても味や臭いが心配という方もいるでしょう。そういった方は、黒にんにくの健康補助食品(サプリメント)から始めてみてはいかがでしょうか?

 

サプリメントであれば、気になる風味や臭いをカプセルの中に閉じ込めることができます。さらに、黒にんにく本来の栄養素とは別の栄養素を一緒に濃縮できるため、ご自分の体調にあった商品を選ぶこともできるのでおすすめです。

 

黒にんにくサプリのメリット
  • 気になる臭いをカプセルに閉じ込める
  • 食べた後の戻り臭が気にならない
  • その他の栄養素を同時に摂取できる(DHA、EPA、ビタミン類など)
  • 皮を剥いたり、調理したりする手間がない

 

【2018年版】にんにく卵黄サプリ比較ランキング | はじめてのにんにく卵黄ガイド
にんにくと卵黄の栄養素を掛け合わせた健康食品です

 

黒にんにくサプリのおすすめランキング | 「健康と美容」の効果に着目
黒にんにくとその他の栄養素も同時に摂取できるおすすめサプリをご紹介しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加