このエントリーをはてなブックマークに追加

黒にんにくの副作用についてと黒にんにくを食べてはいけけない人について紹介します

 

黒にんにくには副作用は起きません

 

黒にんにくは誰が食べても大丈夫なの?

 

黒にんにくの副作用が心配・・・

 

黒にんにくに興味はあるけど、副作用が心配という方は多いはずです。

 

安心してください。黒にんにくに副作用はありません。

 

副作用は、医薬品などの服用時に、狙った効果(主作用)とは異なった作用(副作用)が生じることを指します。健康食品の黒にんにくとは無縁です。

 

疲労回復効果の反面、副作用で動悸がしたり、めまいが起こったり、発熱してしまうようなことは起こりません。

 

 

 

「じゃあ安心ね、副作用がないなら早速食べてみたいわ」

 

 

ちょっと待ってください。

 

副作用がないからといって誰でも安心かというとそうではないんです。なかには黒にんにくを食べてはいけない人もいますし、過剰に食べてしまうと体に悪影響となることがあります。

 

厚生労働省「健康食品を使う前に」

「健康食品は食品だからいくら食べても害がないし、薬と違って副作用もない」と考える人がいるようですが、食品でも過剰摂取すれば有害作用が生じます。たとえば、体に良いといわれているビタミン E も、過剰に摂取すると、出血性脳卒中の発症率が高くなるという報告が最近出されています。

 

厚生労働省「健康食品の正しい利用方法

 

以上のことをふまえて、当ページでは、初めて黒にんにくを食べてみるという人向けに、「黒にんにくを食べてはいけない人」、「食べすぎた場合にどんなことが起こるか」など黒にんにくの注意点について詳しくご紹介します。

 

最後までお読みいただければ、あなたが本当に黒にんにくを食べていい人なのかどうかが分かるかと思います。

 

こんな人は黒にんにくを食べてはいけません

黒にんにくを食べてはいけない人

 

食べてはいけない人とは、

 

  • にんにくアレルギーの可能性がある人
  • 糖尿病などで止血剤(ワーファリンなど)を服用している人
  • その他の理由により医師から摂取を止められている人

 

一般的な白いにんにくを食べた後に蕁麻疹(じんましん)や息苦しいなどのアレルギー反応がある人は黒にんにくを食べても同じような症状が起こる可能性があるので注意してください。

 

他に、黒にんにくの血液サラサラ作用と糖尿病薬(ワーファリンなど)との飲み合わせにより想定外の反応を示してしまうこともあるので注意しましょう。

 

その他の理由により、医師からにんにくの摂取を控えるように言われている場合はそれに従うようにしてください。

 

この他にも気をつけなければならない点もあるので注意が必要です。注意点について詳しくご紹介します。

 

食べ過ぎは下痢や胸やけを引き起こすので要注意!!

黒にんにくの食べ過ぎは下痢や腹痛のおそれ

 

黒にんにくの食べすぎは要注意です。

 

1日に10粒、20粒と大量の黒にんにくを一度に摂取してしまうと、下痢や胸やけ、血が止まりにくいなどの症状が起こることがあります。

 

食べ過ぎにより下痢や胸焼けが起こってしまうことがあります

 

黒にんにくは、強い抗酸化作用(悪玉の活性酸素を除去する作用)や風邪やインフルエンザなどのウィルスの強力な殺菌作用があります。

 

適量であれば、こういった作用は私たちの体を病気やウィルスから守ってくれるのですが、黒にんにくを一度に10粒、20粒と食べ過ぎてしまうと反対に胃の粘膜を攻撃したり、必要な細菌までを消滅させてしまい下痢や胸やけを引き起こす原因となります。

 

さらに、黒にんにくの抗凝固作用や抗凝集作用は過剰摂取により血が止まりにくくなってしまうこともあるので注意が必要です。

 

黒にんにくを食べ過ぎると血が止まらなくなることも

黒にんにくに含まれる「アホエン」や「メチルアリルトリスルフィド(MATS)」には、血液をサラサラにする抗凝固作用や抗血液凝集作用が備わっています。

 

これらの作用は、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞、血栓症などの血液ドロドロが原因となる生活習慣病予防に効果的に働きます。

 

しかし、黒にんにくを過剰に摂取してしまうと鼻血や擦り傷などでの出血が止まりにくくなってしまうことがあるので注意してください。

 

薬との飲み合わせにも注意

黒にんにくの抗凝固作用や抗凝集作用は薬との飲み合わせに注意が必要です。

 

  • 抗HIV剤(エイズの薬)
  • 経口避妊薬(ピル)
  • 免疫抑制薬
  • 糖尿病の薬(ワーファリン)

これらの薬を処方されている方は、黒にんにくを食べないようにしましょう。薬との飲み合わせにより思わぬ作用が働いてしまう可能性があります。

 

黒にんにくの適量は1日1粒〜3粒

黒にんにくは1日1粒〜3粒が推奨される摂取量です。

 

男性の方は1日3粒程度を3食の食事の前に食べる人多いようですが、女性の方は1日1粒〜2粒、朝か晩、または両方で1粒ずつ分けて食べるといいでしょう。

 

1日に多く食べたからといって効果が増大されたり、実感スピードが早まるようなことはありません。毎日続けることを念頭に焦らずに続けましょう。

 

黒にんにくのおすすめの食べ方について

黒にんにくのおすすめな食べ方は、「皮を剥いてそのまま食べる」です。

 

えっ?それだけ?と思われるかもしれませんが、黒にんにくは発酵の過程で本来備わっているにんにくの栄養素とは別の栄養素が生まれます。

 

混ぜたり、炒めたりして食べるより発酵されたまま状態の方が栄養素が高いため調理せずそのまま食べるようにしましょう。

 

黒にんにくに期待できる効果は?

黒にんにくの効果はこちらのページ(熟成黒にんにくの効果 | 効果的な食べ方と効果がないと言う人の悪い口コミ評価について)でも詳しく紹介していますが、主に3つの効果が期待できます。

 

  • 疲労・スタミナ回復効果
  • 美容・美肌効果
  • ガン予防効果

 

疲労・スタミナ回復効果

 

黒にんにくに含まれる「アリアチミン」が、エネルギーを効率よく生み出します。食事から摂取した「糖質」はビタミンB1の働きによりエネルギーへと変換されますが、アリアチミンの力によりその効果は10倍以上になると言われています。

 

美容・美肌効果

 

肌荒れやシワ、たるみなどの皮膚の老化現象は皮膚の酸化による影響が強いと言われています。

 

体のなかで余ってしまった酸素が悪玉の活性酸素となって各細胞にダメージを与えます。黒にんにくに含まれるポリフェノールやS-アリルシステインは、悪玉の活性酸素を除去する作用に優れており、肌トラブルの改善に効果的です。

 

ガン予防効果

 

黒にんにくのガン予防効果を担うのは「ジアリルトリスルフィド」というイオウ化合物です。ジアリルトリスルフィドには強い抗酸化力から大腸がんに対して強い予防効果があるということが研究の結果から分かっています。

(The Iowa Women’s Study is a large prospective study investigating whether diet, distribution of body fat, and other risk factors are related to cancer incidence in older women. Findings from the study showed a strong association between garlic consumption and colon cancer risk. Women who consumed the highest amounts of garlic had a 50 percent lower risk of cancer of the distal colon compared with women who had the lowest level of garlic consumption.)

 

アイオワ州で実施された高齢女性のがん発生率に関した研究で、ニンニク消費と大腸がんリスクとの間に強い関連性を示した。最も多量のニンニクを摂取した女性は、ニンニク消費量が最も低い女性と比較して大腸がんのリスクが50%低かった。

 

引用元:アメリカ国立癌研究所 National Cancer Institute

 

黒にんにくはその他にも低カロリーで腹もちが良いため若い女性の間ではダイエット補助食品としても活用されています。

 

 

実際に私が感じられた効果を紹介します

黒にんにくの体験談

 

私が最初に感じた効果は、疲れが溜まりにくくなっていることでした。

 

いつもは、パートから帰ると魂を吸い取られたかのようにグッタリしていたのに、「さぁ、やろう!」と夕飯の支度をはじめる元気がのこるようになりました。

 

食べ始めの頃は半信半疑でしたが、続けていくうちに身を持ってその効果を感じることができました。さらに、続けて1ヶ月で感じられたのは、お肌のツヤです。

 

1ヶ月後、お肌の調子が良くなりました

 

1ヵ月後、お肌にツヤやハリがでていることに気づきました。特に、目元のツヤと首スジにハリがでてきて若返ったのかしらと思うほどです♪

 

毎朝鏡を見るのが楽しみになりました。

 

この頃には、黒にんにくをパクッと口の中に放り込むのが「毎朝の日課」になっていました。

 

3ヶ月目、空腹時に食べると腹持ちがよくダイエット効果もありました

 

朝食の前に黒にんにくを1粒食べると食欲が抑えられることに気づきました。1粒当たりのカロリーは約9kcal。低カロリーなのに腹もちが良く、朝を少なめにしてもお昼までお腹が空くことはありません。おかげで何もしないでも1kg痩せました。

 

半年後、体も気持ちも前向きになりました!

 

黒にんにくを始める前から比べると見ちがえるほど活動的になりました。ずっとやりたかったテニスをはじめ、来月には大会にも出られるようになりました。

 

辛かった朝もスッキリ目覚めることができていますし、鏡を見てもグッとやる気が出てくるようになったのはすごく嬉しいです。

 

黒にんにくを続けてきて本当に良かったです

黒にんにくを続けてきて本当に良かったな

 

今では黒にんにくを続けてきたことが私の糧になっています。続けてこれて本当に良かったです。

 

栄養ドリンクや強壮剤の力を借りずとも、自然の食品で元気になれることに気づきました。

 

「なにか健康に良いことを」と思って始めた黒にんにく。ガンの予防効果にはひとしおの期待を寄せています。

 

これまでに、激安商品や訳あり品も試してきましたが、商品によっては味が悪くて食べられなかったものや臭いがきつくて口に入れられなかったものなどもありました。

 

でも、今は良い商品とめぐり逢うことができました。朝食前の1粒が楽しみです。

 

いろいろ食べ比べてきた私がおすすめする商品はこちらの2点です。

 

  • 岡崎屋 純黒にんにく
  • 松尾農園 熟成黒にんにく

 

どちらの商品も通販で手軽に購入できる黒にんにくです。

 

岡崎屋の純黒にんにくです
▲<岡崎屋の純黒にんにく>

 

岡崎屋は、青森県福地ホワイト6片を使用。丸ごと1玉が立派な包装パックに入っています。口の中にフワッと広がる風味がプルーンのような味わいです。柔らかい食感で、少し噛むと黒にんにくの肉汁がジュワーっと溢れでてきます。熟成された独特の香りが食欲を刺激し、1粒食べるとまた1粒と食べたくなるようなクセになる甘さです。

 

味わいながら食べたい人や、贈り物に使いたいという人は岡崎屋の黒にんにくがおすすめです。

 

 

岡崎屋純黒にんにくの詳細はこちら>>

 

 

松尾農園の熟成黒にんにくです
▲<松尾農園の熟成黒にんにく>

 

松尾農園の熟成黒にんにくは、農園で栽培された九州の八女八片にんにくを使用しています。岡崎屋に比べて甘みが少なく、少し硬めの食感が特徴です。1粒ずつ丁寧に包装されているので手を汚さずにそのまま食べられます。

 

健康のために味にこだわらず淡々と続けたい人には松尾農園の黒にんにくがおすすめです。

 

 

松尾農園の詳細はこちら>>

 

 

 

参考ページ

 

【2018年版】通販で手軽に購入できる黒にんにくのおすすめガイド

このエントリーをはてなブックマークに追加