このエントリーをはてなブックマークに追加

注目される発酵食品の栄養成分 | 微生物パワーで健康増進

 

日本の伝統食品でもある発酵食品が注目を浴びています。

 

それは、発酵食品が私たちのカラダにもたらす医学的な効果が認められてきたからです。

 

その効果には、

  • 免疫力の強化
  • 腸内細菌のバランスを整える
  • ガン予防
  • 老化防止(アンチエイジング)

など数多く報告されています。

 

発酵とは

 

発酵とは、食品に付着した酵母類、細菌類などの微生物が食品を分解し、その過程で生まれた酵素などの働きによって元の食材にはない新たな成分が作られたり、もともとある成分が変化したりすることです。

 

日本の発酵食文化

 

古くから伝わる発酵食品。日本では食文化として昔から根づいており、大豆を発酵させた味噌や醤油などがあります。

 

鰹節や納豆は和食を代表するような食材で「日本の味」として親しまれてきました。また、薬がなかった時代には、代用品として活用されていた国や地域もあり、「カラダに良いもの」として認知されてきました。

 

発酵食品のメリット

 

発酵食品のメリットは、

  • 栄養価が高まる
  • 風味や香りがよくなる
  • 保存性が高まる

 

などがあります。

 

栄養価が高まる

 

例えば、ヨーグルト。ヨーグルトなどに含まれるプロバイオティクスは、腸内細菌のバランスを整えて体内の防御機能を高めてくれます。

 

次に、納豆。納豆には血栓を予防する効果が期待できるナットウキナーゼのほか、血圧を正常化するという酵素も豊富に含まれています。
最後に、黒にんにく。黒にんにくに含まれる栄養成分の「S-アリルシステイン」や、「ポリフェノール」は活性酸素を除去する「強力な抗酸化作用」があります。

 

風味や香りがよくなる

 

チーズやくさやなどはその独特の風味と香りが最大の特徴といえます。

 

保存性が高まる

 

湿度の高い日本では、物が腐りやすく、食べ物の酸化を防ぐことが困難でした。そのため、腐敗を防ぐ手段として発酵食品が進化してきたとも言われています。

 

海外でも発酵食品が注目を浴びている

 

海外でも納豆や味噌などの発酵食品が受け入れられ、その効能に注目が集まっています。玄米を主食とする野菜食やワカメのみそ汁といった典型的な和食が、放射性物質を排出する効果があるとして研究の対象にもなっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加