このエントリーをはてなブックマークに追加

黒にんにくの栄養成分「ポリフェノール」

 

生のにんにくを発酵させることにより、黒にんにくは、生にんにくの約10倍の抗酸化力を発揮すると言われています。

 

抗酸能力を大いに発揮する成分が「ポリフェノール」です。

 

ポリフェノールの優れた抗酸化作用

 

ポリフェノールは、カラダの中で使われなくなった活性酸素を除去する、優れた抗酸化作用があります。

 

活性酸をを除去することで、ガンの発症や転移を抑えるほか、血中コレステロールや、血圧・血糖値の上昇なども抑制します。

 

抗菌・抗ウイルス・抗アレルギーなど、多くの薬理作用があります。

 

黒にんにくのポリフェノールで生活習慣病を予防

 

ガン予防などの生活習慣病にかからないためには、いかに活性酸素を除去するかということにかかっています。

 

黒にんにくは強力な抗酸化作用、つまりは、活性酸素除去の効果を発揮してくれるのです。これが、生活習慣予防となります。

 

まとめ

 

アメリカのトッター博士やワイマン博士らによって、活性酸素は直接ガンの発生原因になることは突きとめられました。さらに、多くの学者によって、活性酸素が老化をもとより、生活習慣病や慢性病をはじめ、ガンの原因となることが確認されました。

 

生のにんにくの約10倍も多くポリフェノールが含まれる発酵黒にんにくでは、活性酸素を除去する効力も倍増します。このことから、ガン予防や生活習慣病予防には黒にんにくが有効的だといえるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加