このエントリーをはてなブックマークに追加

世界が認めた「にんにくのガン予防効果」アメリカデザイナーフーズ計画

 

1990年にアメリカで行われたガン研究プロジェクト「デザイナーズフーズ計画」において、ガン予防に有効性が認められる食品40種類が公開されました。

 

その中でもにんにくがトップであると公表され、より世界的に注目を集めるようになりました。

 

にんにくは、ガン予防食品としてトップに君臨する優れた効果を持つ食品です。

 

ガン予防の可能性のある食品および食品成分

 

1階層 にんいく、キャベツ、甘草、大豆、生姜、セリ科植物(ニンジン・セロリ・バースニップ)
2階層 玉ねぎ、お茶、ターメリック、玄米、亜麻、全粒小麦、柑橘類(オレンジ・レモン・グレープフルーツ)、ナス科(トマト・ナス・ピーマン)、アブラナ科(ブロッコリー・カリフラワー・芽キャベツ)
3階層 ハーブ、メロン、バジル、タラゴン、エンパク、ハッカ、オレガノ、キュウリ、タイム、アサツキ、ローズマリー、セージ、ジャガイモ、大麦、ベリー類

 

マウスを使った研究におけるガンへの有効性

 

日本の研究においてもその有効性は認められており、ある実験では、瘍のあるマウスに対して黒にんにくを与えたところ癌細胞が消えたという結果が報告されています。

 

DNAにダメージ「ガン発症」の仕組み

 

ガンは、カラダのなかで使われなくなった活性酸素が細胞内に侵入し、核のある「DNA」遺伝子の基にダメージを与えてしまうことで発生します。

 

ガン発症の元となるのは、活性酸素だともいえます。カラダのなかで増えすぎた活性酸素はあらゆる生活習慣病を引き起こし、老化を進行させてしまいます。

 

癌予防や、アンチエイジングに大切なことは、「余分な活性酸素を除去すること」これがキーワードとなります。

 

活性酸素を除去してガン予防

 

そこで、活性酸素を除去する能力に優れた黒にんにくの登場です。黒にんにくは、生のにんにくの4倍〜10倍の抗酸化能力がアップすると言われています。

 

黒にんにくは、熟成・発酵させる過程で、強力な抗酸化作用がある「S-アリルシステイン」が4倍に。また、「ポリフェノール」や動脈硬化などに効果があるとされている「シクロアリイン」なども数倍〜数十倍に増加することが分かっています。

 

日本食品分析センターの分析結果から、「ポリフェノール」と「S-アリルシステイン」の相乗効果で黒にんにくは、通常の生のにんにくの約10倍の抗酸化パワーがあるとされています。

 

=関連リンク=
日本食品分析センター

このエントリーをはてなブックマークに追加