このエントリーをはてなブックマークに追加

辛い更年期をにんにく卵黄サプリで乗り切る

にんにく卵黄は更年期障害の辛い症状の緩和に効果が期待できます。

 

にんにく卵黄は、血行改善や交感神経を刺激することによる元気回復が見込めます。にんにく卵黄のこういった効果が更年期障害の症状を緩和させることができます。更年期障害は45歳から55歳の約10年間続きます。そして、なかにはそれ以上続いてしまう人も・・。

 

辛い更年期障害をにんにく卵黄サプリで対策してみませんか?

 

にんにく卵黄更年期ディスプレイ

 

  • やる気がでない
  • すぐにイライラしてしまう
  • のぼせ
  • 体が重い

このような症状が少しでも軽くなれば、今よりもっと楽しい毎日を送れるようになりますよね。こちらでは、おすすめの「にんにく卵黄サプリ」や「黒にんにくサプリ」をご紹介しています。そうなるためにもまずは、どんなにんにく卵黄サプリがあるかのぞいてみてください。

 

黒にんにくサプリのおすすめランキング | 「健康と美容」の効果に着目しました!

 

 

 

更年期障害の辛い症状は個人差はありますが、平均して10年という長い月日の間付き合うことになります。症状が少しでも軽くなるように早いうちに自分なりの対処法を見つけてください。


更年期障害の原因

 

冷え性や頭痛、イライラ、やる気がでないなど・・・つらい更年期の症状に悩まされている方も多いのではないでしょうか?

 

黒にんにくと更年期の関係について紹介するには、やはり更年期のことについて詳しく理解しておく必要があるかと思います。まずは、更年期障害が起こる原因から詳しく見ていきましょう。

 

女性ホルモン分泌量の急激な減少

 

女性ホルモンの量と年齢の関係
出典:エンジョイエイジング 「更年期障害の原因」
http://www.hisamitsu.co.jp/hrt/about/causes.html

 

上記のグラフは、女性ホルモンの分泌量と年齢の関係について示したグラフです。上のグラフを見て分かるとおり、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量は30代から徐々に減少をはじめ、40代から急激に減少していきます。

 

このような突然の変化に体が対応できず「更年期障害」が起こるのです。

 

また、「平均閉経年齢の50.5歳」の前後5年間、45歳〜55歳までの10年間を更年期と呼びます。

 

更年期障害が起こるしくみについて

 

更年期障害が起こる仕組み
出典:小林製薬 「更年期・更年期障害とは」
http://www.kobayashi.co.jp/brand/inochinohaha/hahaa/kounenki/

 

更年期障害は閉経後に卵巣機能が低下し、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量が急激に減少することで起こります。

 

これにより、今までエストロゲンの働きによって支えられてきたカラダのいたる部分がうまく働かなくなります。
エストロゲンの分泌が減ったことにより、脳の「下垂体」は卵巣に対してさらなるエストロゲンの分泌を促します。しかし、卵巣機能の衰えによってエストロゲンは指令通りに分泌されません・・・

 

このため脳が混乱を起こし様々な不調をきたします。

 

更年期障害の主な症状と治療について

 

更年期障害の症状の感じ方には個人差があり、障害をほとんど感じない人もいれば、日常生活に支障をきたしてしまうような重い症状の人もいます。更年期障害の主な症状についてみていきましょう。

 

更年期障害の主な症状

 

  • 冷え性
  • 肩こり
  • 頭痛
  • 疲れやすい
  • イライラ
  • のぼせ・ほてり(ホットフラッシュ)
  • 動悸・息切れ
  • めまい
  • 不安感
  • 不眠
  • 発汗
  • 膝痛
  • 腰痛

 

上記が更年期障害の主な症状です。
冷え性や肩こり、頭痛などは更年期障害でなくても、成人の方にはありがちな症状ではありますが、更年期に入ると症状が悪化することが多いようです。

 

冷え性

 

特に手先や足先の冷えを感じることが多いかと思います。手足の冷えは、血液の循環が悪くなり手足の毛細血管へ送られる血量が減ってしまうことで起こります。

 

なかには、動脈硬化などの原因が隠れていることもあります。

 

肩こり

 

更年期になり肩や首のこりに悩まされる方が多いようです。エストロゲンの減少により自律神経が乱れることで症状を強めてしまうことがあります。

 

血行が悪くなることで起こる症状の一つといえます。

 

頭痛

 

頭痛に悩む人は非常に多く、20代や30代の若い女性にも多い症状です。この頭痛が更年期になると悪化してしまうケースがあります。

 

更年期の頭痛は、脳の細い血管の収縮が原因とも言われています。頭痛の強さや、痛みの感じ方には個人差があり、季節や時期によっても感じ方が違います。他の病気が隠れているかもしれないので心配な方は早めに医師の診断を受けるようにしましょう。

 

のぼせ・ほてり(ホットフラッシュ)

 

のぼせやほてりは、更年期障害の典型的な症状と言えるでしょう。近年ではこのような症状を「ホットフラッシュ」と表現します。

 

急に顔が熱く、赤くなったり、大量の汗が出たりします。自律神経の調節がうまくいかず、血管の拡張と収縮のコントロールができなくなるのが原因です。

 

症状がひどい場合は、HRT(ホルモン補充療法)を受けることにより緩和されることもあります。

 

疲れやすい

 

「何もする気がおきない」「朝すっきり起きられない」「だるい」などの症状は更年期障害の典型的な症状です。家族の方など周囲の理解を得られないことで、精神的に不安定になってしまい症状が悪化してしまうことがあります。

 

こちらもHRT(ホルモン補充療法)を受けることで元気が出てくることがあります。

 

更年期障害の治療 HRT療法について

 

更年期障害の代表的な治療法は、HRT(ホルモン補充療法)です。

 

HRTという言葉を聞いたことがある方もみえると思いますが、その治療法や副作用について詳しく理解している方が少ないように思います。

 

HRT療法について

 

HRTとは、更年期に減少するエストロゲンを薬で補う治療法で、飲み薬を服用する場合と貼り薬による治療に分かれます。

 

飲み薬の場合

 

飲み薬の場合は、エストロゲンの単体、プロゲステロン単体、両方をまとめた薬剤の3種類があります。薬剤は、胃や腸から吸収され肝臓を通って全身を回るため、胃腸や肝臓に負担が掛かることがあります。

 

貼り薬の場合

 

エストロゲンの貼り薬とエストロゲンとプロゲステロンを合わせた薬があります。皮膚から直接血液へ入りこむため、胃腸や肝臓への負担が軽いと言われています。

 

HRTの副作用

 

HRTの重大な副作用に「子宮体がんや乳がん」が挙げられます。

 

エストロゲンを補充することにより子宮内膜が厚くなり子宮体がんに発展してしまうケースがありました。

 

乳がんの副作用については、少し古い情報ですが「HRTと乳癌」に対して聖マリアンア医大第1外科助教授 福田 護氏が公表している内容を引用させていただきます。

 

全くHRTを受けたことがない女性に対して、現在あるいは5年以内にHRTを受けたことがある女性と、HRTを過去に受けたが5年以上前にHRTを終了した女性を比較しています。その結果、現在あるいは5年以内にHRTを受けたことがある女性が、HRTを5年間以上にわたって受けていると、乳癌にかかる危険率が明らかに高いことがわかりました。

 

引用元:http://www.jaog.or.jp/sep2012/JAPANESE/MEMBERS/TANPA/H13/010521.htm

 

HRTと乳がんの関係

 

上記はHRTを5年以上続けることにより乳がんの罹患率が高くなることを示しています。

 

しかし、近年では国際的な機関が再解析を実施し、その評価を見直しています。HRT治療を受けた女性よりも、初産が35歳以上の女性、若しくは出産経験のない女性の方が乳がんの発症率が高い傾向にあることが分かっています。

 

とはいえ、一般の方がこのような知識を得られることは少なく、日本人は未だ世界的にみるとHRT治療を受ける方は少ないままとなっています。

 

「世界のHRT普及率」日本はHRT普及率1.7%と世界的に見ても低いままとなっています。
世界のHRT普及率
出典:エンジョイエイジング 「ホルモン補充療法(HRT)海外事情」
http://www.hisamitsu.co.jp/hrt/treatment/overseas.html

 

更年期障害の症状を和らげるには、必ずしもHRTに頼ることはなくサプリメントや健康食品で対策することもできます。
こちらは小林製薬が行った「更年期障害の対処法」についてのアンケートをまとめたものです。

 

更年期障害の対処法
出典:小林製薬 「更年期アンケート調査」
http://www.kobayashi.co.jp/brand/inochinohaha/hahaa/report/

 

多くの方が病院での治療に頼らず、サプリメントや健康食品などで対策しているようですね。
症状がひどい場合は、自己判断よりも婦人科などの専門医と協力して対策していくのが最良ですが、費用や時間のことを考えるとなかなかそうはいかないといった現状があるようです。

 

更年期障害をにんにく卵黄サプリで対策

にんにく卵黄サプリには、心拍数や血圧をあげるなど交感神経を刺激して全身の活動力を高める働きがあり、ノルアドレナリンの分泌を促し体や心を元気にする作用があります。

 

通常は交感神経が興奮すると血管が収縮してしまいますが、にんにく卵黄サプリの場合は抹消血管を拡張させる働きがあります。そのため、血行が改善され、頭痛や肩コリ、冷え性への効果が期待されます。

 

 

まとめ

 

更年期は人生の折り返し地点ともいわれ、子供の独立や親の介護等、生活スタイルが大きく変わる時期と重なるため、ストレスと上手に付き合っていくことが大切です。

 

また、「更年期だから」と諦めるのではなく積極的に家族や友人と会話をして周囲の理解を得てください。スポーツや趣味などを使ってストレスを上手に解消させていきましょう。

 

にんにく卵黄サプリを使って症状を緩和させるのも更年期の上手な乗り切り方と言えますが、更年期の症状が自分で判断付かない場合や、生活に支障がきたすような状況では迷わず医療機関を受診しましょう。

 

イライラや寝起きのだるさから解放されて、透き通った青空を素直に見上げることができたら素晴らしいですよね。まずはやれることから始めてはいかがでしょうか?

 

 

黒にんにくサプリのおすすめランキング

 

にんにく卵黄更年期CTAディスプレイ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加