このエントリーをはてなブックマークに追加

黒にんにくを手間無く食べる簡単な方法って?

黒にんにくは、

みかんのように皮を剥いて1片ずつそのまま食べられます。

 

 

そのまま食べるほうが手間なく食べられるのですが、毎日食べていると味や食感などに飽きてしまうこともあるでしょう。そういう時は、他の食材などと混ぜて調理すれば続けやすいかと思います。

 

こちらでは、黒にんにくの食べ方や他の食材と合わせて調理するアレンジ方法、その他黒にんにくのちょっとした疑問についてご紹介していきますので、参考にしていただければ幸いです。

 

なお、「そのまま食べられるなら調理するのは面倒」という方は、こちらでおすすめの黒にんにくを紹介しています。ご紹介する商品は「臭いを抑え」「味にこだわりを持った」黒にんにくです。にんにくに抵抗がある方にはサプリメントの紹介もさせていただいています。

 

よろしければご覧になってみてください。

 

 

おすすめの黒にんにく紹介ページ

 

 

黒にんにくはいつ食べればいいの?

 

黒にんにくは薬や漢方ではないので「用法・容量を守って食べてください」などのような注意事項はありません。朝食べても、夜寝る前に食べても問題ありません。

 

いつでもすきな時間帯に食べられます。ただし、一度に多く食べたからといって元気になれるというわけでもないので推奨される量を食べていれば充分健康に良い効果をもたらすことができます。

 

黒にんにくは「1日1片」が基本

 

黒にんにくは「1日1片」が推奨される摂取量です。成人の方なら男性でも女性でも1日1片程度が適量になります。お子さんやご年配の方では、その半分の量で充分でしょう。

 

ラーメンに入ったニンニクや、焼き肉屋さんで出されたすりおろしニンニクを食べすぎた翌日に胃腸を荒らしてしまった経験がある方もいるかと思いますが、黒にんにくでは、よほどの量を食べない限りはそのようなことは起こりにくいです。

 

黒にんにくは生のニンニクより胃腸にやさしくなっています。

 

胃腸を荒らしてしまう心配なし!刺激成分「アリシン」が他の成分へ変化

 

生のニンニクを大量に食べると胃腸を荒らしてしまうのは、ニンニクの中の刺激成分「アリシン」の刺激によるものです。

 

アリシンはニンニクに備わっている強力な殺菌作用の素となる成分です。
その強力さゆえに食べ過ぎると胃腸を荒らしてしまう原因ともなります。

 

しかし、一定の温度と湿度のなかで長時間熟成された黒にんにくでは、アリシンが別の栄養素へと変化します。刺激となる作用がほとんどなくなるのです。

 

そのため、生のニンニクとは違い少量で胃腸荒らしてしまうことは少ないです。(もちろん、体調や食べた量により刺激となってしまうこともあるので適量を守って食べることが大切です)

 

アリシンが少なくなると「臭い」も激減!

 

アリシンは、「ニンニク臭」の原因でもあります。先ほどもご説明したように、熟成の過程でアリシンが他の物質へと変化していくため、黒にんにくにはニンニクの特有の刺激臭がしません。

 

そのため、食べた後の「戻り臭」が少なく、次の予定を気にすることなく食べられるのが特徴です。食後30分〜90分程度でほとんど気にならなくなります。

 

毎日食べても低カロリー

 

黒にんにくの1玉当りのカロリーはおよそ96.5kcalです。1玉だとみずようかんなどの和菓子と同じくらいのカロリーですが、1日分の1片に換算すると約16kcalとなります。きゅうりや白菜などの野菜類と同等のカロリーです。

 

体重増加を気にされている方でも続けやすいのが黒にんにくの特徴でもあります。

 

黒にんにくを美味しくアレンジして食べてみる

 

黒にんにくは発酵食品ということもあり、はじめは「独特な風味」や「味」に慣れない方もいます。食べ始めて数日で慣れる方が多いようですが、続けるには最初が肝心。

 

味や風味が苦手という方は、黒にんにくをアレンジして食べてみるといいでしょう。

 

冷凍庫で冷やしてから食べる
黒にんにくを冷凍黒にんにくを皮のついたまま、バラの状態でジップ袋などに入れ冷凍庫で冷やしておくとまるでドライフルーツのような食感で、甘みが増し食べやすくなります。

 

黒にんにくは、冷凍庫にいれておいても凍ってしまうことがないので解凍などする必要もなく冷凍庫から取り出してそのまま食べることができます。なお、保存においても冷凍庫に入れておけば1.5倍くらい長持ちします。

 

チャーハンやカレーに混ぜて食べる
黒にんにくをチャーハン黒にんにくを細かく刻み、チャーハンやカレーに混ぜて入れて食べると、臭いが軽減され食べやすくなります。すりおろして入れてもいいかもしれませんね。

 

作り方は、いつもの具材に黒にんにくを好きな形にして入れるだけなので簡単です。クックパッドというお料理紹介サイトに黒にんにくを使ったレシピが何点も紹介されているので参考にしてみてはいかかでしょうか。

 

クックパッド:黒にんにくの検索画面

 

黒にんにくは子供が食べても大丈夫?

黒にんにくは子供が食べても安心な健康食品です。口コミや評判を見ても、「子供がおやつ代わりに食べている」「おばあちゃんと一緒になって食べている」などの書き込みがされています。

 

上述しましたように、刺激成分であるアリシンは熟成の過程でほとんどが消えてしまいます。そのため子供やご年配の方が食べても胃腸を荒らしてしまう心配がありません。

 

サプリメントや薬と一緒に食べても大丈夫?
黒にんにくはほとんどの場合、サプリメントや薬と併用しても問題ありません。しかし、糖尿病の治療薬など以下のような薬を服用中の方や、「不安だ」と思われる方は掛かりつけの医師に相談してから食べるようにしてください。

 

飲み合わせに注意したほうがいい治療薬
  • 糖尿病:血液凝固防止剤「ワルファリンカリウム(ワーファリン)」
  • 抗HIV剤:「サキナビル」
  • 免疫抑制剤:「シクロスポリン」
  • 経口避妊薬:「ピル」

 

黒にんにくを食べることで期待できる効果

黒にんにくの効果については、こちら(黒にんにくの効能・効果 | 栄養成分「アリシン」やその他の成分の効能についてまとめました)でも詳しく紹介していますが、食べてすぐに得られる効果と続けることで期待できる健康効果の2種類があります。

 

食べてすぐに得られる効果
食べてすぐに得られる効果

 

  • 血液のサラサラ効果
  • 体温の上昇
  • 食欲増進
  • 代謝能力の向上
  • コレステロール値を下げる
  • 食後血糖の上昇を緩やかにする

 

続けることで得られる効果
続けることで得られる効果

 

  • 血液のサラサラ効果
  • アンチエイジング効果
  • 肌ツヤを取り戻す
  • 冷え性の改善
  • 精力アップ
  • 更年期障害の改善
  • ガン予防
  • 糖尿病予防

 

まとめ

 

黒にんにくは、いつでもどこでも食べることができます。保存期間も平均で半年くらいのものがほとんどで、冷凍庫で保存することで1.5倍くらいは長持ちさせることもできます。

 

臭いを気にすることもなく、胃腸に刺激を与えてしまう心配もありません。

 

続けることで、体内では必ずなにかしら良いことが起こっています。その先に、スタミナ回復や美肌効果、更年期障害の改善など日々の生活に大きく影響を与えてくれる効果が期待できます。

 

活気あふれる毎日で1日1日を余裕でこなせるようになったらきっと楽しい暮らしが待っているでしょう。まずは、黒にんにくにどのような商品があるかだけでものぞいてみてはいかがでしょうか?

 

こちらのページにおすすめの黒にんにくをご紹介していますのでぜひご覧になってください。

 

おすすめの黒にんにく紹介ページ

このエントリーをはてなブックマークに追加