このエントリーをはてなブックマークに追加

黒にんにくのおすすめ保存方法と賞味期限をまとめました

黒にんにくの保存方法と賞味期限
黒にんにくは保存方法が悪いと「カビ」が生えてしまったり「嫌な臭い」を出してしまったりすることがあります。

 

冷凍庫で保存後ほども詳しくご紹介しますが、保存方法は冷凍庫内がおすすめです。黒にんにくが湿気て(しっけて)しまう心配もなく、酸化しにくいため長持ちします。

 

賞味期限については「製法や品種」にもよりますが、一般的な商品であれば半年〜1年。

 

ご家庭で黒にんにくを手作りされた場合は2ヶ月〜3ヶ月程度で食べきるようにしましょう。

 

なお、黒にんにく販売店で購入した商品であれば1日1片食べたとして、6日(青森県産の6片種として)で食べきれるので、1ヵ月5玉〜6玉程度であれば十分食べきれる量だといえます。

 

黒にんにくは、疲労回復効果やスタミナ維持効果、お肌の調子を整える効果も期待できる健康食品です。黒にんにくの効果についてはこちらのページで詳しく紹介していますので参考にしてください。

 

 

 

これより「黒にんにくの具体的な保存方法や賞味期限」についてご紹介していきます。他のサイト様で紹介されている保存方法についても参考にさせていただいているので、きっとお役に立てる内容になっているかと思います。ご参考にどうぞ。


 

基本的な保存方法

 

黒にんにくの基本的な保存方法は、

  • 常温で高温・多湿を避ける
  • 冷暗所にて保存

です。
黒にんにくは湿気に弱いため夏場などビニールに入れて長時間放置するとすぐにカビが生えてしまいます。

 

黒にんにくを『湿気』から守ることが長持ちさせるコツです。

 

おすすめの保存方法

 

「ジップロックなどに入れて密閉し、皮のついたまま冷凍庫で保存する」

 

黒にんにくは冷凍庫に入れておいても凍りません。解凍などは必要なく食べたい時にそのまま食べられます。冷凍することで皮がパリパリになって皮が剥きやすくなります。冷凍庫なら湿気てしまうことなく保存できます。

 

これは「岡崎屋」という黒にんにく販売店に直接お電話させていただき教えていただいた保存方法です。岡崎屋が販売する「純黒にんにく」は個別パッケージで包装してあり、中には乾燥材が1個ずつ入っています。下の画像が実際に冷凍庫で保存したものです。(画像の真ん中にある「純黒にんにく」と書いてある商品です)

 

 

ですので、岡崎屋の純黒にんにくにいたっては、わざわざジップロックを汚すことなく、送られてきた包装のまま個別に冷凍庫にいれて保存しておけば大丈夫です。

 

岡崎屋の純黒にんにくについて詳しくみてみる

 

工夫された保存方法をご紹介

 

黒にんにく通販ショップが紹介する保存方法

 

タオのかまど

 

高温・多湿を避け、冷暗所で保存してください。一度開封したビニール袋に長期保存しますと湿気がこもり、カビが発生する恐れがあります。保存する場合は紙袋に移し替えるか、冷蔵庫に保存することをおすすめします。黒にんにくは発酵食品ですので、夏場は冷蔵庫か冷凍庫に保存することをお薦めします。冷凍した黒にんくは皮が剥きやすく手も汚れません。皮をむいた黒にんにくをタッパウエアなどに容れて冷凍庫に保存する、そのまま召し上がれて便利です。

 

引用元:医食同源「タオのかまど」 http://www.isyokudougen.com/kuroninniku/q_and_a.html#seibun

 

 

SEiKOH農苑

冬場は常温で保存しても大丈夫ですが、暖かい季節はやはりカビが心配です。そんな時は、冷蔵庫で保存しましょう。新聞紙や紙袋で包み、そのまま冷蔵庫へ入れます。または、包んだ黒にんにくをポリ袋に入れて冷蔵庫保存するのもおすすめです。新聞紙は湿気を吸ってくれるため、定期的に新聞紙を交換すると、さらに長持ちします。

 

引用元:波動熟成黒にんにくの通販|SEiKOH農苑|黒にんにくの正しい保存法 http://www.seikohnoen.com/contents06.php

 

ククパッドで紹介されている保存方法

 

  1. 新聞紙を1/16?1/8(瓶の大きさに合わせる)に切って
  2. 黒にんにくを
  3. 包むようにして瓶に入れ
  4. 蓋をして冷蔵庫へ。
  5. こうすれば匂いも漏れず、半年は持ちます。

新聞紙は必ず入れて下さい。湿気を吸ってくれます。冷蔵庫保存だと少し硬くなりますが、にんにくは柔らかいままなので、ご安心を^^時々、新聞紙を交換すると更に長持ちします。

 

引用元:黒にんにく☆臭いが漏れない☆長期保存法https://cookpad.com/recipe/3129138

 

黒にんにく各商品ごとの賞味期限まとめ

黒にんにくは各販売店によって賞味期限が微妙に違うので購入される商品の賞味期限を事前に確認するようにしてください。保存方法についても各ショップの公式ページにて紹介されているので参考にしてください。詳細は公式ページにてご確認ください。

 

岡崎屋 純黒にんにくの賞味期限と保存方法

 

常温保存で約1年の賞味期限です。

 

湿気のない風通しの良い場所で、なるべく涼しい所に保存します。ビニール袋等で密封するとビニール裏側に湿気が溜まり足が早くなるため絶対にしないようにしてください。

 

公式ページ: http://e-ninniku.com/

 

自然共生 発酵黒にんにくの賞味期限と保存方法

 

常温保存で3〜4ヶ月の賞味期限です。

 

自然共生発酵黒にんにくの保存方法は、常温保存で、高温・多湿を避け、風通しの良い場所で保存します。冷蔵庫または、冷凍庫での保存の場合は、容器等に入れて保存してください。

 

公式ページ:http://www.shizenkyosei.co.jp/

 

つうはん本舗 熟成まるごと黒にんにくの賞味期限と保存方法

 

常温保存で2年の賞味期限です。

 

開封後は冷暗所にて保管し、なるべくお早めにお召し上がりください。

 

公式ページ:http://www.tsuhanhonpo.jp

 

手作り黒にんにくの賞味期限

 

黒にんにくは自宅でも簡単に作れることをご存じでしょうか?

 

スーパーなどで買ってきたにんにくを使って炊飯器で10日〜2週間ほど「保温」で熟成させるだけで完成します。

 

手作り黒にんにくの場合、仕上がりにバラつきがあるため一概に「賞味期限はいつまで」とは断定できませんが、大抵2ヶ月〜3ヶ月を持ちます。出来上がった黒にんにくを、ベランダや庭の雨の当らないところで1日〜2日程度表面に付着した水分が飛ぶように日陰に置きます。

 

その後、冷凍庫で保存します。

 

ただし、出来上がりから日数が経ってしまった場合は食べる前に匂いや色、形などを見て判断するようにしてください。

 

黒にんにくを腐らせてしまうと

 

黒にんにくは保存期間が長いので毎日続けて食べていればよほどのことがない限り腐ってしまうことはありませんが念のため、腐ってしまった黒にんにくの見分け方を紹介します。

 

  • カビ
  • 変色
  • 異臭(アンモニア臭)
  • べちゃべちゃしている

上記のような状態では腐っている可能性があるので決して食べないようにしてください。

 

まとめ

 

「発酵食品は腐らない」と思われている方もいるかもしれません。実は、日本の代表的な発酵食品でもある「納豆」なども腐ります。「発酵と腐敗」の違いについてまとめてみました。ご参考にしてください。

発酵:糖類が分解されて、乳酸、アルコールなどが生成されること

 

腐敗:タンパク質、アミノ酸などが分解され、硫化水素やアンモニアなどの不快臭を生じること

発酵食品も腐ってしまうことがあります。黒にんにくも同様に保存方法が悪かったり、長期間保存していると腐ってしまいます。食当たりや食中毒にならないよう販売店ごとの賞味期限をしっかり守って安全に食べてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加